多汗症以外の症状

多汗症対策を考える前に、汗を大量にかいてしまう原因として、それ以外の原因も考えられるケースがあります。

つまり汗を大量にかくという症状が何らかの病気に関係しているかもしれないということです。

汗を大量にかくという症状がどのような病気の原因と考えられるのかを知ることも大事であると思います。


・多汗症以外の症状その1
多汗症と同じように汗を大量にかく症状がでる病気としては、更年期障害が有名です。

更年期障害の場合は、汗をかいたと思ったら、すぐにひいてしまうなどの症状が一般的です。

これは更年期になったために卵巣機能が衰え、発汗を抑制するエストロゲンというホルモンの分泌が低下するために起こります。


・多汗症以外の症状その2
更年期障害は女性だけの症状だと思っている人がいるとかもしれませんが、決してそんなことはありません。

更年期障害は男性にも当てはまる症状です。

更年期障害は男女ともに40代後半から50代前半に現れてくるのが一般的だといわれています。

これらの年代の人は、体調が優れない状態が続くようなら更年期障害を疑ってみてもいいと思います。


・多汗症以外の症状その3
更年期障害は不規則な生活や毎日ストレスにさらされている人、無理なダイエットをしている人などには、早い場合は20歳代でも似たような症状が出ることがありるようです。

若いからといって、更年期障害とは無縁とはいかない場合もありますので注意してください。



http://www.unjour-uneimage.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%AB%E3%82%B1%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%A6/

原因

多汗症対策には原因を知ることからはじめるほうが賢明です。

多汗症の原因は以前は、ほかの人よりも緊張をしやすいとか、神経質だから汗をかきやすいとか言われてきました。

ほかにも気持ちの持ちようで汗は止められるといった精神論にまで至ったこともあります。

しかし本当の原因はこういったものではないようです。

多汗症の人は、自宅でリラックスしているときなどにも汗をかくことがあります。

これは緊張することや、神経質だとかという問題ではありません。

リラックス状態でも多汗症の人は汗をかいてしまうことがあるのです。

多汗症の原因としては、精神的なものが原因となっているのではなく、緊張したときに発汗を促す交感神経が敏感に反応して汗をかいてしまうと考えたほうが自然であると思います。

交感神経の働きが活発であるがために汗をかいてしまうと考えたほうが自然であると思います。

多汗症対策としては、交感神経の働きを抑えることを重視したほうが良いと思います。

また必ずしも精神的なものが原因となっているわけではありませんが、汗に対する恐怖心や強い不安感を取り除くことも考えたほうがいいかもしれません。

多汗症には精神的なものが原因となってはいないかもしれませんが、やはり何らかの対処は必要であると思います。


汗の臭い

多汗症対策としてもっとも大事なのは臭いの処置方法かもしれません。

先ほどわきの下の汗について、周囲はそれほど気にしてはいないといいましたが、臭いだけは気にする人はいると思います。

臭いだけは周囲に迷惑がかからないように、きちんと対処をしなくてはいけません。

汗の臭いは2種類の汗腺が関係しているといわれています。

その2種類の汗腺はそれぞれエクリン汗腺、アポクリン汗腺といいます。

エクリン汗腺はさらさらの汗を分泌し、アポクリン汗腺はフェロモンのような物質を分泌しています。

そして多汗症のわきの下の臭いは、2つの汗腺からの分泌液が混ざることで細菌に分解され発生するといわれています。

多汗症対策としては、まずは臭い対策が重要になると思います。

わきの下の汗を気にしなくなったとしても、どうしても臭いは周囲の人も気になりますからね。

臭い対策としてはつねに制汗スプレーを携帯して、気になったら使用するようにすることが一番です。

それだけで臭いは十分カバーすることが出来ます。

多汗症対策では臭い対策は大切です。

しかし制汗スプレーを携帯して、きちんとカバーをしていれば、過度に気にする必要はまったくありません。

このような周囲への心遣いがあれば、それだけで問題は解決します。

あとは多汗症を本人が気にし過ぎないようにしていくことが大切だと思います。

多汗症予防

多汗症対策として大事なのは気にしすぎないことです。

多汗症で悩んでいる人の多くはわきの汗に敏感になっているといわれています。

わきの下が汗ばんでいると周囲にも分かりますし、周囲に嫌な思いをさせてしまうと考えているようです。

多汗症の人は概ね夏が嫌いです。

夏になると汗をかくのは普通になりますので、そこまで気にする必要はないと思いますが、夏は暑さのために、Tシャツの上に何か羽織るようなことはしません。

そのため冬場とは違い、わきの汗が目立ってしまうと考えているのです。

多汗症の人がわきの下の汗のことを気にするのは分かりますが、周囲の人は意外と気にしていないものです。

これは多汗症の人はぜひおぼえておいて欲しいと思います。

自分が気にするほど、周囲の人は気にしてはいません。

これは自分に置き換えたら分かると思います。

昨日すれ違った人をおぼえていますか?

対策として必要以上に気にしないことも大切です。

わきの下の汗を気にしすぎることで、それをストレスに感じてしまい、更に汗が出てきてしまいます。

わきの下の汗が気になるのであれば、汗が目立たない色の服を着るように心がけて、気にならないような工夫をしましょう。



多汗症対策

多汗症対策で悩んでいる人いませんか?

これは文字通り汗をたくさんかいてしまう症状のことをいいます。

手のひらや足、わきの下などに大量に汗を各症状のことをいいます。

多汗症の場合特に暑いときでなくても汗をかいてしまいます。

冬場でも汗をかく人は可能性があります。

多汗症の原因としてはさまざまなことが言われていますが、一般的には自律神経の異常やストレスといわれています。

多汗症の症状がある人の場合は、汗に対しての悩みが非常に大きいため、汗をかくことを普段から周囲に対して気にしている傾向があります。

対策にはまずは症状について知ることからはじめることが大切です。

多汗症に悩んでいる人は、以前から汗っかきの体質に悩んでいることが多いです。

手のひらに汗をかくために、手をつなげなかったりすることもあり、悩みが深刻化することもあります。

多汗症対策としては、まずは必要以上に自分の多汗症を気にしないことが大切になってくるように思います。

今では多汗症の情報もだいぶ増えてきました。

自分の同じ症状の人がほかにもいることが分かれば、精神的にも多少はリラックスできるのではないでしょうか。

まず必要以上に汗を気にすることはありません。